このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 下半身のダイエット この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 下半身のダイエット Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This FriendFeedで共有

人の体はウエスト、尻、ももに皮下脂肪が溜まるため、下半身に脂肪が溜まりやすくできています。

あまり体重は変動していないのに、年を重ねる度に下半身が大きくなってズボンがはけなくなってしまったという人もいます。これは、下半身の使わなくなった筋肉が脂肪になってきたせいだと考えられます。

筋肉と脂肪は筋肉の方が比重が重く、同じ重さの筋肉と脂肪を比較すると脂肪の方が大きいため、脂肪が増えることが服が入りづらくなるわけです。

特に女性は下半身に脂肪が付きやすいので、体型の変化としても気付きやすい部分になります。今までは普通にはけていたパンツがはけなくなったなら、ダイエットで引き締める必要があるのかもしれません。

ダイエットのために運動を積極的に行うことで、下半身に蓄積された脂肪を減らすことが可能です。筋肉を鍛える運動をすると、筋肉が増えて下半身のボリュームが増すのではという人もいますが、そこまで筋肉が増えることはまずありません。

ダイエットとして取り組む運動の場合は、下半身を引き締める効果を高めるものなのでサイズダウンにもとても有効です。

下半身ダイエットを効果的に行う方法があります。どうしてダイエットをしたいかは人によりますが、下半身の肉付きの良さを改善したい場合、ももやお尻の引き締めを目指すことが多いようです。

ダイエットによって体の一部を引きしめようとしても、期待通りの結果は出ないものです。体内の脂肪量が多い人ほど、体重の増減が起きやすいと言われています。

下半身はすぐにサイズがアップしやすい半面、比較的ダイエットの効果も実感しやすい部分です。気になる人は積極的にダイエットを行ってみましょう。

体を動かしてダイエットをする場合、足を使う運動で下半身の引き締め効果が期待できます。姿勢よくウォーキングを続けることはヒップアップ効果もあり、ゆるんだ下半身を徐々に引き締めてくれます。

足を曲げ伸ばしするストレッチをすることで、足の筋肉を刺激することができます。より効率的な下半身ダイエットを目指すのであれば、風呂から出た直後の体が温かいうちがいいでしょう。

下半身太りの原因にむくみが関わっている場合があります。

1日じゅう立って仕事をしている人は、特に冬はリンパの循環に支障が出ている恐れがあります。毎日、入浴後にマッサージを施すこともむくみを解消できるといいます。

むくみ取りはダイエットではないものの、むくみのせいで太く見えるなら対策が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

最新の記事一覧

  • 検索

  • お気に入り登録

    お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

    [Ctrl] + D

ページ上部に