このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - ダイエットの停滞期のわけ この記事をクリップ!Livedoorクリップ - ダイエットの停滞期のわけ Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This FriendFeedで共有

ダイエットをしていると、どんな人に対してであれ停滞期は訪るものです。
初めの2週間くらいは、何の問題も無く順調にダイエットが進んでいても、3~4週間目くらいに入ると体重があまり変化しなくなってきます。

ダイエットの停滞期のはじまりです。どうして急に痩せなくなったのだろうと焦りが出ますが、あわてる必要は全くありません。
ダイエットの停滞期は誰にでも訪れるものなので、逆に停滞期を上手に乗り切ることで、ダイエットの成功にも近づきます。

人の身体は、運動や食事制限で体重が減ったことを飢餓状態と捉え、飢餓に備えようとします。
体重が減っていくことに合わせて、体内で消費するカロリーを減らそうとします。

停滞期とは、飢餓状態に対応しようとしている体がエネルギー効率を極端に落とすために、運動や食事制限でも体重が変わらなくなることです。

ダイエットをする人の中には、停滞期中でも体重を減らそうと焦って、運動をきつくしたり食事を極端に減らす人もいます。
しかし、そのような事をしては体への悪影響になってしまうことがあります。

停滞期でも、マイペースでこれまで通りのダイエットメニューをこなすことが大事です。
停滞期の時期や期間には個人差がありますが、きっとダイエットをはじめて5週間目あたりから、停滞期を過ぎてまた体重に変化が見られるようになります。

健康的なダイエットを行うには、停滞期に入っても避けて通れない道だと受け入れ、それまで通りのダイエットプランを続けていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

最新の記事一覧

  • 検索

  • お気に入り登録

    お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

    [Ctrl] + D

ページ上部に