このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 脂肪細胞の種類 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 脂肪細胞の種類 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This FriendFeedで共有

脂肪細胞には何種類かあります。

脂肪は、食べ物などから得たエネルギーで使い切れなかったものが体内にためこまれます。さらに、皮下脂肪として蓄積されるのは、脂肪の中ても最後になります。

小さな脂肪細胞が寄り集まって脂肪になりますが、この脂肪細胞は2種類あります。

エネルギーを溜め込むための脂肪細胞は、白色脂肪細胞と呼ばれる細胞となります。
もう一つは、褐色脂肪細胞と呼ばれているもので、ミトコンドリアを多く含む褐色をしている脂肪細胞です。

いずれの脂肪細胞ともに、似たような成分でできています。ただし成分の構成要素はそれぞれ異なり、そのために体への影響が変わってきます。

ダイエットなどで減らそうとする脂肪は、多くの場合は白色脂肪細胞です。
白色脂肪細胞は油滴の割合が多く、肥満体型の原因となっています。

油滴は褐色脂肪細胞にも存在していますが割合はごくわずかなため、ミトコンドリアの働きの方が主たるものになります。
ダイエットをする上で脂肪細胞を考える時は、一定の年齢になると活動がほとんどなくなる褐色脂肪細胞より、白色脂肪細胞に狙いを絞って取り組むことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

最新の記事一覧

  • 検索

  • お気に入り登録

    お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

    [Ctrl] + D

ページ上部に