このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 脂肪細胞の働き この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 脂肪細胞の働き Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This FriendFeedで共有

白色脂肪細胞

白色脂肪細胞の主な働きは、エネルギーを蓄えておくことです。人間の体は常に環境が悪くなった場合を想定して、蓄えを持つという能力があります。

日頃はきちんと食べ物からエネルギーを取り入れていても、時には食事をする時間がずっと取れないということもあります。
何らかの理由でエネルギーが枯渇すれば生きていくことが難しくなりますので、非常事態に備えて、白色脂肪細胞はエネルギーを貯めているわけです。

運動はエネルギーを使いますので、食事などでエネルギーを常に得なければなりません。食べる量を減らしたり、摂取カロリーを抑えたならば、体は生きていくためや運動に必要なエネルギーを確保するため白色脂肪細胞のエネルギーを使います。

ダイエットはこの脂肪燃焼の仕組みを利用して行われています。運動と食事によって脂肪の量が日々増減することになるのです。

褐色脂肪細胞

体温を一定に保つための細胞が、褐色脂肪細胞です。
褐色脂肪細胞にはミトコンドリアなどが含まれており、これらの作用で外気温に関わりなく体内温度を保つ効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

最新の記事一覧

  • 検索

  • お気に入り登録

    お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

    [Ctrl] + D

ページ上部に