このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - リバウンドの原因 レプチンと満腹感の関係 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - リバウンドの原因 レプチンと満腹感の関係 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This FriendFeedで共有

レプチンとは、脂肪細胞に脂肪が行き渡ると出される物質で脳に満腹信号を送る働きがあります。

食事の量が少ないとレプチンは減少します。ですので、食事制限ダイエットをした場合もレプチンは減少します。

しかし、ダイエットを中断し、食事量を元に戻しても1カ月ほどはレプチン量は減ったままになるのです。これは、ホメオスタシスといって、状況が激変しても体の働きにできるだけ影響が出ないようにする作用が原因です。

レプリンが減少しているので、満腹感が得られにくいので、食べ過ぎになってしまうことがあります。それによって、リバウンドが進んでしまいます。

減量のスピードが早いと、このホメオスタシオスがでやすくなります。ですので、一気に体重を減らすのではなく、減量速度を抑えながら長く継続することで、リバウンドの原因を作らないダイエットが可能です。

ダイエット後のレプチン不足による満腹感のズレは、レプチン量が戻る1カ月間は起きます。
そのため、レプチン量が正常になるまでは自己判断を重視し、食べ過ぎに注意することが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

最新の記事一覧

  • 検索

  • お気に入り登録

    お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

    [Ctrl] + D

ページ上部に